目的を達成する為のサイト設計


目的・用途に合わせたサイト設計

ホームページの目的に合わせて、ホームページに必要な情報、機能、レイアウト、デザインなどのサイト設計を行います。

ホームページの目的・コンセプトの確認

まず、ホームページの目的を確認させていただきます。

サイト目的は、会社の紹介・商品紹介・会員登録・お問い合わせ・申込み・商品販売など、様々です。

最初に目標(できれば数値で評価できるもの)を立てることをお奨めします。

競合サイト確認

業種によって掲載する情報は異なります。

競合サイトと比べて情報の質、量がどうか、差別化出来ているかなどをチェックします。

ドメイン(ホームページのアドレス)決定

ドメインには、いくつかのルールがあります。(早い者勝ち、使用できる文字・記号、文字数など)

また、間違いにくい、利用者にとって使いやすいドメインというものもあります。

(見た目で間違いにくい、キーボードで打ちやすい、声に出して伝えやすいなど。)

お客様の会社名・サービス名にあわせてドメイン決定のアドバイスをさせていただきます。

SEOターゲットキーワードの設定

どんなキーワードで検索されてくるようにするか、目的、コンセプト、ターゲット等から設定します。

人気の高いキーワードで、上位表示が難しそうな場合は、複合キーワードでの上位表示を目指します。

サイトマップで掲載内容を解かりやすく確認

ホームページ上にどんな情報を掲載するかを図で表現します。

情報量や重要度をチェックして、メニューの順番や構造を決めていきます。

 お客様がサイトに訪問してから成果にたどりつくまでのストーリー

お客様がどんな言葉で検索して、どのページきて、何を見て、感じ、理解し、他のサイトと比較して、成果(目的)にたどり着くかを仮定してストーリーを作ります。

ここで無理のないストーリーを作り上げることが重要です。

サイト設計の難しさ

サイトの目的によっては、サイト設計=1つの事業の立上げ、というくらい色々と考えたり、決めたりする必要があります。

実際、決めることが解かっていても、最初は答えが出ない、うまく表現できない、結果が出ないなど難しいことが多いと思います。

最初は基本的な情報の掲載から初めて、ホームページの情報を追加・修正・削除していきながら、ホームページを1人前の営業マンとして育てていく、という気持ちで運用してください。弊社ができる限りサポートいたします。

なので、

 

・ある程度は、お客様自身で情報の更新が自由にできて、

・技術的に難しい部分は弊社のような業者に依頼して、

・情報の中身の事に注力する

 

ということをお奨めします。